hanaoriori.cocolog-nifty.com > 花おりおり【我が家の庭】

クロッカス
福寿草
スイセンノウ
ニゲラ
クレマチス
金魚草
ハナショウブ
スイセンノウ
ハナショウブ
さつき
つつじ
ラベンダー
おだまき
しゃくなげ
みやこわすれ
カッコウアザミ(キク科)
シュウメイギク(キンポウゲ科)
ギボウシ(ユリ科)
サルスベリ(ミソハギ科)
カサブランカ(ユリ科)
ユリ アジア系ハイブリッド(ユリ科)
ユリ アジア系ハイブリッド(ユリ科)
アジサイ(ユキノシタ科)
ヒャクニチソウ(キク科)
ダリア(キク科)
ミニカーネーション(ナデシコ科)
ハナショウブ(アヤメ科)
きつきが咲きました(ツツジ科)
ミニバラ(バラ科)
テッセン(キンポウゲ科)
金魚草(ゴマノハグサ科)なでしこ(ナデシコ科)ビオラ(ナス科)
しゃくなげ(ツツジ科)
自慢のボタンです(ボタン科)
ムスカリの花(ユリ科)
チューリップ(ユリ科)
クロッカス(アヤメ科)

<< 前 | トップページ | 次 >>

ハナショウブ(アヤメ科)

ハナショウブ(アヤメ科)

池のめぐりの花壇

2006年6月15日 (木)

ハナショウブ(花菖蒲)はアヤメ(菖蒲)、カキツバタ(杜若)と似ているので見分けが難しい。三種を総称してアヤメと呼ぶこともある。アヤメは花びらの基部の生え際に網目模様、ハナショウブは黄色い目型模様、カキツバタは白い目型模様で見分けられるそうです。アヤメは乾燥した草原に、ハナショウブとカキツバタは湿原に群生するようです。

固定リンク